不断水工法とは断水を起こさずに水道工事を行うことですが、この工法にはキーポイントがあります。

一言で言えば水圧に対処することです。水道管には水圧がかかっていますから、不断水工法を行うためにはどうしてもこの水圧に対処しながら工事を行うことが必要になってきます。でなければ不断水工法は実現できません。ただし、具体的にその水圧に対処する方法は一つではありません。

何らかの器具、装置を用いて水圧に対処できる覆いのようなものを設け、その中で工事用の器具を操作する方法がまず考えられます。一種の遠隔操作のようなものです。ただ、この方法は適切な器具、装置を用いる必要があります。工事現場の水道管にちょうどぴったりと合ったものを用いなければ水圧には対処できません。

すき間があったりしてはそこから水が噴き出すことになるのは誰でも想像がつくでしょう。全く別の発想として、水道管内の水を一時的に凍らせてしまうことで水圧に対処するという方法もあります。凍った氷が水道管の内壁との間で摩擦を生じ、水圧に耐えてくれるという仕組みです。

これは水圧が高ければ高いほど、また水道管の直径が太ければ太いほど十分に大きな摩擦力が必要になりますから、それだけ長い部分を凍らせる必要が生じます。また、水道管の材質も関係してきます。もともと氷との摩擦力の低い、つるつるした素材であればそれだけ長い部分を凍らせる必要が出てくるということになるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *