不断水工法とは、水道管の交換や改造、分岐を行う際、工事箇所を流れる水を止めずに工事を行う工法のことです。

この工法のメリットは、特に大型の配管の交換を行う場合など、その箇所を通過する水が広い地域に供給されている場合に発揮されます。もし水の流れを停止させてから工事を行おうとすると、まず事前に影響を受ける地域に断水の発生時間について十分な告知を行い、断水時間が長い場合は給水車の配備が必要となり、コストと周囲に与える影響が大きくなっていました。

不断水工法はこれらの問題を解決するために開発された工法で、主に2種類の方法があります。一つは分岐工法と呼ばれ、既存の管にバルブを密着する形で増設し、このバルブ内に水を満たして水圧をかけながら既存管に穴を開けます。既存管には水が流れ続けており、この水が供給される地域には影響が全く出ません。

もう一つは凍結工法と呼ばれるもので、バルブではなく液体窒素で作業を行うポイントの両端を凍結させます。管の外側から冷却して管内を凍らせるので、凍結ポイントの管に機械的な加工を加えることはありません。

この凍結工法の場合、局所的とはいえ凍結ポイントの水流は停止するため、凍結ポイントを通じて水が供給される場所への影響が出ますが、分岐工法に比べると施工が簡単で、水圧をかけるバルブを増設しにくい場所でも工事がしやすいメリットがあります。分岐工法も凍結工法も、ともに大規模な断水を起こすことなく工事ができ、事前の断水告知などが不要か、かなり狭い範囲に行えばよくなるため、現在不断水工法は非常にニーズの高い技術となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *