以前は水道管路から分枝菅を取り出すために断水を行い工事をしなければいけませんでした。

近くに既設のバルブがないと断水の影響が広範囲に広がってしまい、断水をするたびに影響を与えておりました。不断水工法は、断水をしないで工事を行うことができ、近辺住民などに影響を与えずに工事をすることができる工法です。不断水広報には本管から給配水のため、枝管の取り出しをする方法の分̪岐工法や本管の切断部に仕切弁などを挿入して行うインサーティング工法といったものがあり、更に止水の方式の違いによってバルブと補助金具を利用することで機械的に止水する方法や枝管の管内水を液体窒素等を使い凍結させ栓とする凍結工法といった方法もあります。

工事の面では、小口径給水管の漏水修理や補修弁に異常がある場合の消火栓の取り換え工事など、短時間で限定的に施工を行うことが出来る方法として用いられており、工事時間の大幅な短縮につながります。一般家庭や水を使う施設にとっても、断水を伴う工事には様々な不都合がつきものですが、不断水工法は流れを一瞬も止めることがないため、各家庭で使用される水や各種産業や医療施設といった都市活動に支障を致さず、汲み置きも不要で断水の事前告知や給水車の手配、工事の清掃が不要で工事前後の赤水が発生しないなどのメリットがあります。

以前までは断水を行わなければできなかった工事を水を止めずに工事を行うことで、工事をする側も水を使う側にも様々なメリットが生じる不断水は画期的な工法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *