不断水とはその名前の通りに断水をしないという意味になり、これは水道管の工事を行う時に一般的には水道水の供給を停止して工事を行いますが、給水を行ったままで水道管の工事を行うことを不断水工法と呼ばれています。

この工法のメリットはやはり給水を続けたままで水道管の補修や交換といった工事が行えるので、その水道水を使用している利用者に負担をかけなくて済むということでしょう。通常の工事はそんなに何時間で完了するものではないため、その時間は水を使えないのは生活面だけでなく、仕事を行う上でも大きな問題を発生させる可能性があるからです。

この水道工事をするために水の供給を停止するというのは人工が密集している都会ほど問題が大きくなるため、この不断水工法は現在のところは人口密集地を中心に行われていて、まだ地方では実施されていない場所が多くなっています。それは特殊な工法であるために専門の道具と知識を持った人が必要なのですが、それがまた追いついていないというのが現状です。

それは水道工事というのはそのほとんどか公共事業のため、入札で施工業者を決定しているのでどうしても従来の方法を使った工事の方が費用が安く上がるということに他なりません。そのような矛盾がありますが、日本には老朽化した水道管が多数埋設されていて、その対策が待ったなしの状態で迫っているため、早くこの不断水工法をどこでも行えるようにしなければ大変な事態を招く恐れがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *