現在は蛇口を捻ると水が出てくるのは当たり前とされています。

これによって水道工事を行うときに、断水をすることが難しくなりました。そこで断水をすることなく、工事を行う施工方法を一般的に「不断水工事」と呼びます。この工事には、本管から水を配給するため枝管の取り出しを行う「分岐工法」と本管の切断部に仕切弁やストレーナー・プラグなどを挿入する「インサーテイング工法」とよばれるものがあります。

水を止める方式の違いによって、パルプと補助金具を利用し機械的に水を止める方法と、枝管の管内の水を液体窒素などの低温媒体で凍結させて栓をする凍結工法も存在しております。凍結工法に関しては、小口径吸水管での漏水修理や補修弁に異常が見られる消火栓の取り換え工事など短時間でかつ限定的に止水することが可能です。本管の断水を防ぎ施工する方法として用いられています。

歴史的に見れば、断水工事は給水用の小口経管を本管にて取り出す工法から始まりました。不断水工事は国内では昭和34年に開発され、そこから実用化されてきました。不断水工事の原理と皇帝は、本管に割T字管を取り付けて固定します。仕切弁と穿孔機を取り付け仕切弁を開けます。そこをカッター前進させて、本管を穿孔していきます。

貫通しましたら、穿孔機のドリルを元に戻して仕切弁を閉じます。穿孔機を外し分岐側の配管を接続した後、弁を開いて通水を行います。本管側に強い圧力があるため、切片や切屑はドレーンやドリルを工夫しながら外部に排出させます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *