不断水工事は水道を止めることなく水道管の工事などを行うことができる非常に便利な方法です。

現在の水道工事が全てこの方法で行われていると言っても過言ではなく、利用者に対する影響が少ないため非常に画期的な方法とされていますが、その反面デメリットもある点に十分な注意をし、使用する場合にはこれを補う方法を考慮することが重要となっています。不断水工事は水道を止める必要がないことから工事の予定を柔軟に立てることができ、また利用者に対する工事の日時の周知徹底を行う必要性がないと考えられている側面があります。

実際に水道が停止しないため利用者は水道を利用し続けることができることから特に利用者に対して工事日程を通知する必要がないと考えられる側面がありますが、この通知をしておかないと思わぬトラブル発生する危険があるのです。それは水質の汚染の問題です。不断水工事の基本的な原理は事前に新たな水道の経路を確保しておき工事の間その新たな経路に水の流れを切り替えることで水道の供給を継続する方法であることから、新たな経路を通ることで水質の汚染が発生するリスクを抱えていることに注意をしなければなりません。

水質が汚染された水が工事の日程をお知らせされていない利用者のもとに届いた場合には、利用者は水質の汚染を意識せずに様々な用途に利用してしまう危険があるのです。この場合に用途によっては健康被害や命に関わる問題を引き起こすこともあるので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *