私達の生活に欠かせない存在の水。

人間の身体の7割は、水分で構成されている程に大事な成分です。日本は水の浄化技術はトップレベルで、蛇口をひねればいつでも新鮮な水を飲む事が出来ます。ただ、水道管を工事する際には流れを止めて施工する必要があり、生活に支障をきたす事もあります。水の流れが止ます事を断水と言いますが、実はこの工法は昔の話で今は水道管の通水を止めずに施工する不断水工事が主流となっています。

この工法が確立するまでは、何日も前から近隣への周知を行い時には給水車の手配が不可欠でした。当然、人件費を始めとした費用が多くかかり計画を進めるには慎重に行う事となります。不断水工事には何種類かありますが、本管から分岐したい場合は割T字管と呼ばれる専用の器具を取付します。更にバルブを取付け、その後方に穿孔機をセットして準備完了です。穿孔ドリルにて本管に孔をあけますが、水が溢れだすのでドリルを元の位置まで戻したらバルブにて止水をします。

穿孔機を取り除けば、それ以降の配管作業を行う事ができ全ての施工が終了したらバルブを開け通水するのです。本管への孔あけの際の切屑は、圧力により外に押し出されるので混入の心配は不要です。この様に現在主流となっている不断水工事は、全国の業者で採用され更なる技術向上にも努めているのです。断水する事無く、工期短縮や少人数での施工により従来と比較すれば非常に経済的な工事が可能となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *