私達のライフラインとして欠かせない存在の一つに水があります。

電気も必要不可欠な存在ですが、生きて行く為には水がなくてはいけません。以前の水道管の工事では既設配管の水の流れを止めて、数時間にも及ぶ断水が生じ生活に大きな影響がありました。工事を行う側は、数日前より断水の日を周知して廻りその間に必要となる水を確保する為に、給水車の手配を行うなど経費と時間が莫大なものでした。

不断水工法は、これらの問題と手間を一気に解決した工法で凍結工法と分岐工法があります。どちらの工法も工期を短縮でき人件費の削減に有効です。水の流れを止めずに配管を接続して分岐しますが、凍結工法では液体窒素を使用して作業個所の両端を凍結させ、バルブの様な役割をさせて作業させます。

分岐工法を用いての不断水工法では、既設配管の分岐したい個所に割T字管と呼ばれる分岐は器具を接続します。その後に仕切弁を取付して穿孔機をセットします。穿孔ドリルにて既設配管に孔をあけ、穿孔機を取り外せばそれ以降の配管作業が可能です。

既設配管からは水が溢れだすので仕切弁を閉じ止めれば大丈夫です。また、配管の孔あけの際に出る削り屑は水圧によって外に押し出されるので、混入の心配も不要です。不断水工法では、配管の清掃作業も不要なので以前の様に工事終了後に蛇口をひねれば赤水が出る事もなく、生活に影響を与える心配が殆どありません。現在は多くの工事店が採用している主流の工法となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *